ソニー、営業最高益5098億円=半導体けん引-9月中間

経済・ビジネス

ソニーが30日発表した2019年9月中間連結決算は、営業利益が前年同期比17.3%増の5098億円となり、上半期として3年連続で過去最高を更新した。スマートフォンやデジタルカメラなどに使われる画像用半導体「イメージセンサー」の販売が好調だった。

売上高は2.1%減の4兆479億円、純利益は14.9%減の3400億円だった。

20年3月期の連結業績予想は、売上高を2000億円下方修正し、8兆4000億円とした。有力ソフトの発売延期やゲーム機の販売台数減でゲーム事業が低調なことを想定。テレビの販売台数の低迷も見込んだ。一方、好調な半導体事業などにより営業利益を300億円上乗せし、8400億円とした。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想