自動車国内生産4.6%増=トヨタ、マツダ好調-19年度上半期

経済・ビジネス

自動車大手8社が30日発表した2019年度上半期(4~9月)の国内生産台数は、合計で前年同期比4.6%増の458万6837台だった。上半期で2年ぶりのプラス。新型車が寄与したトヨタ自動車やマツダなど5社が前年実績を上回った。

トヨタは14.9%増。1月に生産を始めた北米向けの新型「カローラ」や、4月投入のスポーツ用多目的車(SUV)「RAV4」が押し上げ、伸び率は最も高かった。マツダは、5月に全面改良した小型車「マツダ3」の生産が前年を約4割上回るなど、9.1%増と好調だった。

日産自動車はSUV「エクストレイル」の販売が不調で12.6%減と振るわなかった。完成車の検査不正を受け減産を続けるスズキも11.0%減と低迷した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 生産 統計