ANA、香港路線を一部運休=反政府抗議で需要減、12月から

経済・ビジネス

全日本空輸(ANA)は31日、反政府抗議活動が続く香港への路線について、12月から減便・運休すると発表した。日本からの旅行やビジネス需要が急減しているため。一部の期間を除き、来年3月28日まで実施する。運休便を予約済みの客には振り替えなどの対応を行う。

香港線は1日2便を運航している成田が半減、1日1便の中部は全て運休する。1日1便の関西は運航を続けるものの、使用機材を小型化。羽田は1日2便を維持する。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 国際業務 経営一般 販売・価格改定・販促・見本市など 東京都 東海