北朝鮮、弾道ミサイル発射=日本海へ2発、今年12回目

政治・外交

【ソウル時事】日本政府や韓国軍によると、北朝鮮は31日午後4時35分ごろ、西部・平安南道順川付近から日本海に向けて飛翔(ひしょう)体2発を発射した。飛翔体は弾道ミサイルとみられ、日本海の日本の排他的経済水域(EEZ)外に落下したもようだ。北朝鮮のミサイル発射は10月2日以来で、今年12回目。

日本政府は国家安全保障会議(NSC)を首相官邸で開催。安倍晋三首相はこの後記者団に、飛翔体は「短距離弾道ミサイルと判断される」と述べた。日本政府は北京の大使館ルートを通じて北朝鮮に抗議。韓国政府も「強い懸念」を表明した。米政府高官は「北朝鮮がミサイルを発射したとの報道を把握している。情勢を注視し、同盟国の日本、韓国と緊密に協議し続けている」と述べた。

河野太郎防衛相はミサイルの飛距離は約350~400キロ、高度は約100キロだったと発表。韓国軍合同参謀本部は、北朝鮮が午後4時35分と38分ごろに飛翔体を発射し、飛距離は最大約370キロ、高度は約90キロと説明した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 北朝鮮