4回目の饗宴の儀=駐日外国大使ら参列

社会

天皇陛下の即位を祝う「饗宴(きょうえん)の儀」の4回目が31日午後、皇居・宮殿で行われた。駐日外国大使夫妻や各界代表ら691人が参列。天皇、皇后両陛下は皇族方と共に、宮殿「春秋の間」に続き、「豊明殿」で招待客と歓談された。

天皇陛下は「即位礼正殿の儀を終え、ここに皆さんと饗宴を共にすることを誠に喜ばしく思います」とあいさつし、出席者代表がお祝いの言葉を述べ、乾杯が行われた。駐日大使夫妻らは153の国・機関などの249人が参列した。

憲法上の国事行為として22、25日は着席形式で、29、31日は立食形式で開催。4回で国内外から計2021人が参列した。

4回目の「饗宴の儀」で乾杯される天皇、皇后両陛下=31日午後、皇居・宮殿「豊明殿」(代表撮影)4回目の「饗宴の儀」で乾杯される天皇、皇后両陛下=31日午後、皇居・宮殿「豊明殿」(代表撮影)

4回目の「饗宴の儀」で、外交団長のサンマリノ共和国・マンリオ・カデロ駐日大使(中央)と握手される天皇陛下と皇后さま=31日午後、皇居・宮殿「春秋の間」(代表撮影)4回目の「饗宴の儀」で、外交団長のサンマリノ共和国・マンリオ・カデロ駐日大使(中央)と握手される天皇陛下と皇后さま=31日午後、皇居・宮殿「春秋の間」(代表撮影)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 皇室・王室 社会