マラソン・競歩は札幌開催=IOCなど4者トップ級会合で結論-東京五輪

スポーツ

2020年東京五輪のマラソン、競歩の札幌開催が1日決まった。国際オリンピック委員会(IOC)、東京都、大会組織委員会、政府の4者トップ級会合で結論が出た。都は札幌開催に伴う追加経費を負担しない。詳細な経費分担に関してはIOCと組織委、札幌市、北海道で協議する。

東京都の小池百合子知事は「合意なき決定だ。東京での実施がベストという考えは変わっていない。IOCの決定に同意できないが、最終決定の権限を有するIOCの決定を妨げない」と述べ、会場変更を受け入れる考えを示した。組織委の森喜朗会長、橋本聖子五輪担当相も了承した。

4者トップ級会合では、次の4点を確認した。(1)会場変更の権限はIOCにある(2)マラソンと競歩の札幌開催で発生する新たな経費は東京都に負担させない(3)都、組織委が既に支出したマラソンと競歩に関連する経費は精査、検証した上、都で別の目的に活用できないものは負担させない(4)マラソンと競歩以外の競技の会場を今後変更しない。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース オリンピック一般もの スポーツ