日韓、早期に首脳会談を=両国議連が声明、打開策示せず

政治・外交

超党派の日韓議員連盟と韓国の韓日議員連盟の合同総会が1日、東京・永田町の衆院議員会館で開かれた。元徴用工問題などで両国関係が悪化した現状を打開するため、安倍晋三首相と文在寅大統領による早期の首脳会談実現を求める共同声明を発表。一方、議連としての具体的な解決策については双方の主張が一致せず、声明に盛り込めなかった。

声明は両国の懸案として元徴用工問題、輸出管理の厳格化、軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を挙げ、「首脳会談および高官級会談を早期に開催するよう促す」と明記。日韓議連の河村建夫幹事長(元官房長官)は閉幕後の記者会見で、議連独自の解決策について「徴用工問題などで意見が集約されなかった」と説明した。

超党派の日韓議員連盟と韓国の韓日議員連盟の合同総会であいさつする日韓議連会長の額賀福志郎元財務相(左奥)=1日午前、衆院第1議員会館超党派の日韓議員連盟と韓国の韓日議員連盟の合同総会であいさつする日韓議連会長の額賀福志郎元財務相(左奥)=1日午前、衆院第1議員会館

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 国会 韓国