安倍首相搭乗の政府専用機でぼや騒ぎ=オーブンから煙、けが人なし

政治・外交

【バンコク時事】日本時間3日午後3時ごろ、安倍晋三首相が搭乗してタイへ向かう政府専用機内で、調理用のスチームオーブンから煙が出るぼや騒ぎがあった。すぐに乗組員が消火器で対応した。けが人はいなかった。

防衛省によると、航空自衛隊員が機体最後方にある調理場のオーブンでパンを温めていたところ、焦げたような異臭が生じ、煙が発生したため消火器を使用。出火は確認されず、設備に損害はなかったという。機内には「ぼや」「煙を吸って具合の悪い方はお申し付けください」などの放送が流れ、一時騒然となった。飛行に影響はなく、予定通りタイに到着した。

首相は東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議などに出席するため、午後1時半すぎに政府専用機で羽田空港を出発。随行の政府関係者や、同行取材の記者団らも搭乗していた。

政府専用機は2代目で、米ボーイング社の777-300ER型。今年4月から運用されている。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 タイ