長野県「アルクマ」が1位に=台風被害に募金も-ゆるキャラ2019

社会

「ゆるキャラグランプリ2019」の人気投票結果が3日、長野市のエムウェーブで発表され、長野県PRキャラクターの「アルクマ」が10万6419票を獲得してご当地部門の1位となった。2位には大阪府泉佐野市の「一生犬鳴!イヌナキン!」(10万6358票)、3位に熊本県の「ころう君」(9万5904票)が入った。

今回は、全国からご当地部門426体、企業・その他部門363体のキャラクター計789体がエントリー。8月1日~10月25日のインターネット投票と、今月2、3両日のエムウェーブでの現地投票を集計した。現地投票の倍率は調整され、今回はネット投票の2倍でカウントされた。

長野県のPRブースでは10月の台風19号の被災者への募金活動も実施。イベント会場には2日間で延べ1万7530人が訪れた。

ステージに登壇した長野県の阿部守一知事は「みなさんに応援してもらいグランプリを取ることができた。地域の元気を出していくため、多くの方に来てもらいたい」と話した。

企業・その他部門の1位は、バーチャルYoutuberの「オシャレになりたい!ピーナッツくん」だった。

表彰式では来年の開催地が発表され、岩手県に決まった。ゆるキャラグランプリ実行委員会の西秀一郎会長(56)によると、同グランプリは来年が最後の開催になるという。

ゆるキャラグランプリで1位に選ばれた長野県PRキャラクターの「アルクマ」(右)=3日、長野市ゆるキャラグランプリで1位に選ばれた長野県PRキャラクターの「アルクマ」(右)=3日、長野市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 社会一般 社会 甲信越 長野県 長野市 九州