ドコモ、KDDIが減益=ソフトバンクは増収増益―9月中間

経済・ビジネス

携帯大手3社の2019年9月中間連結決算が5日、出そろった。NTTドコモとKDDIは10月から始まった携帯電話に関する新ルールに向けた対応が影響し、前年同期比で営業減益。ソフトバンクは通信事業を中心に好調で増収増益だった。

ドコモは6月から通信料を最大4割下げた料金プランとスマートフォンの端末代を最大3分の1割り引くサービスを開始したことが響いた。

KDDIは金融やエネルギー事業など非通信分野が好調で増収を確保。一方で、新ルールの開始を前に顧客の囲い込みを強化するための費用がかさんだ。純利益では増益だった。

ソフトバンクはスマホの契約数が増えた上、高額な大容量データプランが堅調だった。宮内謙社長は「他社が(新プラン導入で)値下げした後も競争力は落ちていない」と述べた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想