味の素AGF、国産コーヒーを22年にも発売=鹿児島・徳之島の生産拡大にめど

経済・ビジネス

味の素AGF(東京)は5日、徳之島(鹿児島県)で生産したコーヒーの試験販売を2022年をめどに始めると発表した。翌23年には、数量限定で本格発売を目指す。希少性の高い国産豆を、高品質な「スペシャリティコーヒー」として売り出す計画だ。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など 生産