元スノボ代表、国母容疑者を逮捕=営利目的で大麻密輸疑い―麻薬取締部

社会

米国から営利目的で大麻を密輸したとして、関東信越厚生局麻薬取締部は6日、大麻取締法違反(営利目的輸入)容疑でスノーボード男子ハーフパイプの元日本代表、国母和宏容疑者(31)=北海道千歳市駒里=を逮捕し、自宅を家宅捜索した。

同部によると、国母容疑者は同日午前に東京都千代田区の同部庁舎に出頭。調べに対し、営利目的は否定しているが、大筋で容疑を認めているという。

逮捕容疑は昨年12月、知人の30代男=大麻取締法違反罪で起訴=と共謀し、国際スピード郵便で米国から大麻製品約57グラムを密輸した疑い。

同部によると、郵便物の中に大麻成分を含む茶色い粘性物が隠されていた。成田空港の税関検査で発覚し、同部が東京税関と共同で捜査していた。

国母和宏 元スノーボード五輪日本代表国母和宏 元スノーボード五輪日本代表

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会