三菱1.9万台リコール=制動距離伸びる恐れ

経済・ビジネス 社会

三菱自動車工業は7日、制動距離が長くなる恐れがあるなどとして、乗用車「i―MiEV」と貨物車「MINICAB―MiEV」の2車種計1万9799台(2009年7月~19年7月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

国交省によると、ブレーキ装置の一部で防水構造が不適切なため、内部に水が浸入することがあり、ブレーキペダルが硬くなって制動距離が伸びる可能性がある。不具合は14件確認されているという。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 消費者対策 運輸・交通 社会