青森・三沢基地所属の米戦闘機、模擬弾落下=訓練場外に、けが人なし

社会 政治・外交

在日米空軍三沢基地(青森県三沢市)に所属するF16戦闘機が、訓練場外の私有地に重さ約230キロの模擬弾を落下させていたことが7日、防衛省への取材で分かった。けが人や建物への被害はないといい、同省が詳しい状況を確認している。

同省によると、訓練中のF16が6日午後6時35分ごろ、三沢市と同県六ケ所村にまたがる「三沢対地射爆撃場」の西約5キロの牧草地に模擬弾1発を落とした。模擬弾は火薬の代わりにコンクリートが詰められ、深さ約3メートルの地中に埋まっていた。

米軍は7日朝、防衛省に落下を連絡。その後、「非常に重大だ。同様の模擬弾を使用した訓練を当面中止する」と伝えてきたという。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事故 社会 軍・自衛隊(社会面) 安保・防衛(政治面) 東北