政府、経済対策策定へ=安倍首相指示、災害復旧・景気で補正予算

政治・外交

安倍晋三首相は8日の閣議で、台風災害を受けた復旧・復興や景気の下支えなどを図るため、新たな経済対策を取りまとめるよう指示した。2019年度補正予算案の編成も命じた。新たな経済対策は19年度予算の予備費などを活用して直ちに実行に移すとともに、補正予算案と20年度当初予算案に反映させる。

政府による経済対策の策定は16年8月以来約3年ぶり。首相は閣議で「(災害からの)復旧・復興の取り組みの加速、海外発のリスクへの対応、生産性の向上などのため、15カ月予算の考え方で新たに経済対策を策定する」と表明。「補正予算を新たに編成し、予備費を含めた今年度予算と来年度(予算)の臨時、特別の措置を組み合わせることにより、機動的かつ万全の対策とする」と語った。

首相は新たな対策の柱の一つとして、堤防決壊などを検証し、水害対策を中心に防災・減災・国土強靱(きょうじん)化を進めると説明。また、景気の下振れに備えて中小・小規模企業や農林水産業を重点的に支援するとともに、外国人観光客6000万人時代などに向けた基盤整備を進める考えを示した。

閣議に臨む安倍晋三首相(中央)ら=8日午前、首相官邸閣議に臨む安倍晋三首相(中央)ら=8日午前、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 マクロ経済政策