日本人男性、香港デモで負傷=邦人初、命に別条なし

社会 政治・外交

茂木敏充外相は12日の記者会見で、50代の日本人男性が反政府抗議活動の続く香港で11日にデモに遭遇し、負傷したことを明らかにした。男性は命に別条はなく、病院で治療を受けて既に退院した。一連の香港デモに関連して邦人の負傷者が出たのは初めてとみられる。

外務省によると、在香港日本総領事館が11日に男性本人と連絡を取り、負傷の事実を把握。現在、けがの程度や、どのような状況で巻き込まれたかなど詳細について確認しているという。外務省幹部は「男性は出張中の民間人だ。けがの部位などは分かっていない」と語った。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事故 社会 事件・犯罪 外交