台湾、洋上風力発電が全面稼働へ=東電・中部電が参画

経済・ビジネス

【苗栗(台湾北西部)時事】東京電力ホールディングスと中部電力の折半出資会社、JERA(ジェラ)が参画する台湾初の商用洋上風力発電プロジェクト「フォルモサ1」(出力12万8000キロワット)の設備が完成し、台湾北西部・苗栗県竹南で12日、完工式典が行われた。近く全面稼働する見通しだ。

台湾は2025年までの脱原発政策を掲げ、同年までに計570万キロワットの洋上風力発電設備の設置を目指している。式典に出席した蔡英文総統は「25年に再生可能エネルギーの電源比率を20%に高める目標を全力を挙げて達成する。台湾をアジアの再生エネの中心にするため、努力を続けよう」とあいさつした。

台湾初の商用洋上風力発電プロジェクト「フォルモサ1」の設備=12日午前、台湾・苗栗県の沖合台湾初の商用洋上風力発電プロジェクト「フォルモサ1」の設備=12日午前、台湾・苗栗県の沖合

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 原子力 電力 国際業務 新会社 台湾