採点者に大学生、院生=1問を3人でチェック―共通テスト記述式でベネッセ子会社

政治・外交 社会 暮らし

大学入学共通テストの国語と数学に導入される記述式問題について、採点業務を受託したベネッセホールディングス子会社の「学力評価研究機構」(東京)は12日、採点者に大学生や大学院生が含まれることや、設問ごとに最低3人が採点に当たることなどを明らかにした。

記述式問題をめぐっては、1万人規模とされる採点者にアルバイトも含まれ、採点の質や公平性確保への懸念が強まっている。同社は、準備状況を公表し、受験生らの不安解消を図る考え。

発表によると、採点者は教員や講師などの経験者を含む「大学・大学院の学位取得者または在籍者」。学力試験、採点業務への適性試験、面接を実施し、合格者を登録。複数回の研修などを行い、採点期間中は毎日、開始前にテストを受けさせて合格点に達した者だけを従事させる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 文教政策 教育 暮らし 社会