女児切り付け、14歳少年逮捕=殺人未遂容疑「殺すつもり」―青森県警

社会

青森県八戸市の路上で小学校高学年の女児が首を切り付けられた事件で、青森県警は12日、殺人未遂容疑で市内に住む男子中学生(14)を逮捕した。「殺すつもりだった」という趣旨の供述をしており、容疑を認めているという。

捜査関係者によると、少年は「誰でもよかった」という趣旨の供述もしているという。女児は少年と面識がなかったとみられ、県警は動機などを詳しく調べている。

逮捕容疑は、12日午後4時40分ごろ、同市新井田西の路上で、女児の首の前部分を刃物で切り付け、殺害しようとした疑い。

県警によると、女児は喉付近を長さ約10センチ、深さ最大約1センチ切られ、3週間のけがをしたという。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 東北