EV1200台導入=配達で利用―日本郵便

政治・外交

日本郵便は13日、2020年度末までに、郵便物や宅配便の配達用に電気自動車(EV)を1200台導入すると発表した。環境対策の強化が狙い。東京など全国の都市部を中心にガソリン車から切り替えを進める。

採用する車両は、三菱自動車の「ミニキャブ・ミーブ バン」。デザインは赤色をベースとし、日本郵便のイメージキャラクター「ぽすくま」を描いた。13日から利用を始め、19年度内に400台を導入する。

日本郵便が2020年度末までに1200台の導入を予定している配達用の電気自動車(EV)=13日、東京都中央区日本郵便が2020年度末までに1200台の導入を予定している配達用の電気自動車(EV)=13日、東京都中央区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 環境行政(生物多様性も、統計類も) 郵政