10月ビール販売、4社前年割れ=駆け込み反動、ラグビーW杯特需抑える

経済・ビジネス

ビール大手4社が13日発表した10月のビール類(ビール、発泡酒、第三のビール合計)の販売数量は、消費税増税前の駆け込み需要の反動が大きく、全社とも前年同月実績を下回った。ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会が開かれ、応援に駆け付けた訪日外国人らによる特需も見られたが、反動減に押し負けた形だ。

メーカー別では、アサヒビールとキリンビールが各13%減、サッポロビールが8%減、サントリービールが6%減。各社とも主力ブランドの減少が目立っており、アサヒの「スーパードライ」は12%減、キリンの「一番搾り」は9%減、サッポロの「黒ラベル」は7%減だった。サントリーの「ザ・プレミアム・モルツ」はおつまみ付き商品の販売が好調で横ばいだった。

W杯日本大会のスポンサーで、キリンが国内で製造・販売するオランダ・ハイネケンのビールは2.2倍の大幅増。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など