ヤフー・LINE統合へ=国内トップ、「協議は事実」―海外巨大ITに対抗

経済・ビジネス

検索サービスなどを手掛けるヤフーの親会社Zホールディングス(HD)は14日午前、無料通信アプリ大手のLINEとの経営統合について、「協議を行っている」と発表した。実現すれば、利用者が1億人規模に上る国内トップのインターネットサービス企業が誕生。プラットフォーマーと呼ばれる海外の巨大IT企業に対抗する。

ZHDは、ソフトバンクグループの中核企業である通信大手ソフトバンクの子会社。関係者によると、ソフトバンクとLINEの親会社の韓国IT大手ネイバーが折半で共同出資会社を設立。新会社がZHDを傘下に収め、その下にZHDの100%子会社としてヤフーとLINEがぶらさがる案が検討されている。月内の合意を目指す。

LINEも同日、経営統合協議について「企業価値向上施策の一つとして検討を進めている」と表明。ソフトバンクも「(統合を含め)さまざまな可能性を協議している」とのコメントを出した。

統合が実現すれば、スマートフォンを入り口にして、検索や通信だけでなく、インターネット通販、インターネット交流サイト(SNS)、ネット決済など幅広いサービスを利用できるようになるとみられる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 提携・合併・買収 韓国