「腹が立つほど長い」=横田めぐみさん拉致42年―母早紀江さんが会見・川崎

社会

横田めぐみさん=拉致当時(13)=が北朝鮮に拉致されてから15日で42年になるのを前に、母早紀江さん(83)が14日、川崎市内で記者会見し、「42年というのは腹が立つほど長い歳月だ」と述べ、帰国が果たせない現状に怒りをにじませた。

14日は、体調を崩し入院中のめぐみさんの父滋さんの87歳の誕生日。滋さんの近況について早紀江さんは「食事や話すことは難しいが、懸命に頑張っている」と明かし、「本当なら誕生日には、大好きなお酒を飲んでいたはず。お祝いで何をあげたら良いのか悲しくなる」と話した。

拉致被害者家族の高齢化に伴い、救出活動はめぐみさんの弟拓也さん(51)や哲也さん(51)らが引き継ぐようになった。早紀江さんは「2人とも頑張ってくれている」と述べる一方、「長い時間解決できないことがおかしい。(2人には)いつまでもこんなことを続けてほしくない」と胸の内を語った。

北朝鮮に横田めぐみさんが拉致されてから42年になるのを前に、記者会見する母早紀江さん=14日午前、川崎市川崎区北朝鮮に横田めぐみさんが拉致されてから42年になるのを前に、記者会見する母早紀江さん=14日午前、川崎市川崎区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 社会一般 社会 神奈川県 川崎市 新潟県 甲信越 新潟市 北朝鮮