国連総会委、北朝鮮人権非難決議案を採択=日本、共同提出見送り

政治・外交

【ニューヨーク時事】国連総会第3委員会(人権)は14日、拉致問題を含む北朝鮮による人権侵害や、北朝鮮が国民の福祉の代わりに核・ミサイル開発に資源を投入していることを非難する欧州連合(EU)提出の決議案を議場の総意(コンセンサス方式)により投票なしで採択した。同種の決議案採択は15年連続。

日本は例年、EUと決議案を共同提出してきたが、今年は提出を見送り、決議案への賛同を示す共同提案国に名を連ねるにとどまった。

日本政府関係者は「拉致問題に関して国際社会が継続的に発信していく重要性や、現在の日朝関係を取り巻くいろいろな情勢を総合的に判断した結果」と説明。日本人拉致問題解決へ一定の融和姿勢を示し、北朝鮮側の軟化を引き出したい考えとみられる。日本は今年、国連人権理事会でも北朝鮮非難決議案の提出を見送っている。

14日、ニューヨークの国連本部で、北朝鮮による人権侵害を非難する決議案を採択する国連総会第3委員会14日、ニューヨークの国連本部で、北朝鮮による人権侵害を非難する決議案を採択する国連総会第3委員会

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 外交 EU 北朝鮮