純白の大屋根、来春開業=高輪ゲートウェイ駅公開―JR東

経済・ビジネス 社会 旅と暮らし 映像

JR東日本は16日、2020年春の開業を予定している山手線新駅「高輪ゲートウェイ駅」(東京都港区)ホームなどを報道公開した。品川―田町間にできる同駅の工事は17年2月から始まっており、駅舎などが完成に近い状況になったという。

同駅は山手線と京浜東北線の列車が停車し、地上3階、地下1階。駅舎の高さは約30メートルで、折り紙をモチーフにした約4000平方メートルの白い屋根が目立つ造りとなっている。

公開された駅ホームには、既にエスカレーターやホームドアが設置されていた。2階にはイベントスペースなどが設けられる予定。

同社東京工事事務所の牧野俊司・品川プロジェクトセンター課長は「工事は9割方終わっている。1日100人が3年かけて造ってきた」と話した。

報道関係者に公開されたJR山手線の新駅「高輪ゲートウェイ駅」。左奥は品川駅=16日午前、東京都港区報道関係者に公開されたJR山手線の新駅「高輪ゲートウェイ駅」。左奥は品川駅=16日午前、東京都港区

報道関係者に公開されたJR山手線の新駅「高輪ゲートウェイ駅」のホーム=16日午前、東京都港区報道関係者に公開されたJR山手線の新駅「高輪ゲートウェイ駅」のホーム=16日午前、東京都港区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

鉄道 時事通信ニュース 経営一般 東京 運輸・交通 港区 JR JR東日本 東京都 社会