研修施設で事故車両保存=福知山線脱線、一般公開せず―JR西

社会 経済・ビジネス

JR福知山線の列車が兵庫県尼崎市のマンションに衝突、乗客106人が死亡した脱線事故で、JR西日本は16日、事故車両を大阪府吹田市内の社員研修施設ですべて保存すると明らかにした。社員の安全教育に活用し、一般には公開しない方針。同県伊丹市内で開かれた遺族や負傷者らとの会合で説明した。

同社の来島達夫社長は会合後に記者会見し、「事故を引き起こした立場として、車両を恒久的に保存する責務がある」と述べた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事故 社会 経営一般 大阪市 兵庫県