国民投票法「強行せず」=今国会成立こだわらず―自民・二階氏

政治・外交

自民党の二階俊博幹事長は18日の記者会見で、今国会の焦点である国民投票法改正案について、衆院憲法審査会で採決を強行しない考えを明言した。与党や一部野党のみで採決する可能性を問われ「そういうことは致しません」と述べた。

同改正案は、憲法改正国民投票の利便性を高める内容。二階氏は今国会での取り扱いについて「われわれはたくさんの課題を抱えている。できることから順番にやればいい。別に焦る必要はない」と述べ、今国会成立にこだわらない考えを示した。

二階氏は「国民の合意に基づいて、憲法という重大な課題に対して対応することが大事だ」と述べ、円満な国会運営を重視する意向も明らかにした。

自民党役員会に臨む安倍晋三首相(中央)、二階俊博幹事長(手前左端)ら=18日午後、国会内自民党役員会に臨む安倍晋三首相(中央)、二階俊博幹事長(手前左端)ら=18日午後、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政党