新国立競技場、今月末完成を確認=民営化計画は先送り―閣僚会議

政治・外交

政府は19日、2020年東京五輪・パラリンピックに向けた新国立競技場(東京都新宿区)の関係閣僚会議を首相官邸で開き、今月末の完成見込みを最終確認した。菅義偉官房長官は「定められた工期、コストの範囲内で完了できる見込みであることを確認できた。計画通りに竣工(しゅんこう)できることは非常に喜ばしい」と述べた。

同競技場は16年12月に本体工事を着工。12月21日にオープニングイベントを行う。

会議では、当初年内に決める予定だった競技場の民営化計画を、大会後に先送りすることも報告された。政府は大会後、競技場の運営権を民間に売却する方針。しかしセキュリティー確保のため大会前に詳細な図面を示せず、事業者側から「十分な検討ができない」との意見が出ていた。

新国立競技場整備の関係閣僚会議で発言する菅義偉官房長官(右端)=19日午前、首相官邸新国立競技場整備の関係閣僚会議で発言する菅義偉官房長官(右端)=19日午前、首相官邸

完成が近づく新国立競技場=10月9日、東京都新宿区(時事通信ヘリより)完成が近づく新国立競技場=10月9日、東京都新宿区(時事通信ヘリより)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 東京都