羽田の欧米路線、20年3月拡充=ANAとJAL、成田からシフト

経済・ビジネス

全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)は19日、2020年3月以降の運航計画をそれぞれ発表した。羽田空港の国際線発着枠の拡充に伴い、両社とも欧米路線を中心に羽田を強化する。現在、成田空港で運航している欧米便の一部も移管。都心に近く、国内線に乗り継ぎしやすい羽田路線を充実させ、欧米などから訪日客の取り込み拡大を図る。

ANAは、ワシントンなど米国4路線を成田から羽田に移し、ミラノ、ストックホルム線などを新規開設する。JALはハワイを含む米国5路線を成田から羽田に移管。ロサンゼルス、ヘルシンキにも飛ばす。

羽田への移管が進むことで、成田発着路線は減少する。ただ、両社とも減少は一時的にとどまり、徐々に増やしていくと説明。JALの赤坂祐二社長は記者会見で「成田は米国とアジアをつなぐ中継地として、ハブ(拠点)機能を強化したい」と語った。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 新サービス スウェーデン 米国