安倍首相「初心忘れず課題に取り組む」=通算在職最長で

政治・外交

安倍晋三首相は20日午前、通算在職日数が憲政史上最長となったことを受け、「責任の重さをかみしめながら、薄氷を踏む思いで緊張感を持って歩みを始めた初心を忘れず、全身全霊で政策課題に取り組んでいきたい」と語った。首相官邸で記者団の質問に答えた。

首相は「かつては毎年のように政権がかわり、重要な政策課題も置き去りにされた。政治を安定させようというのが国民の声だった」と指摘。「短命に終わった第1次政権の深い反省の上に、政治を安定させるため全力を尽くしてきた。その積み重ねによってきょうを迎えることができた」と政権復帰後の歩みを振り返った。

通算在職日数が最長となったことを受け、記者団の質問に答える安倍晋三首相=20日午前、首相官邸通算在職日数が最長となったことを受け、記者団の質問に答える安倍晋三首相=20日午前、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣