商船三井、LNGフェリー導入=国内初、22年末から

経済・ビジネス

商船三井は20日、液化天然ガス(LNG)を燃料とするフェリーを導入すると発表した。LNGフェリーは国内初。二酸化炭素や硫黄化合物などの排出を減らし、環境負荷の低減を図る。2022年末から23年前半にかけて2隻を就航させ、「大阪―大分・別府」の航路に投入する。

LNG燃料船は重油に比べ二酸化炭素の排出量を2割以上削減でき、臭いや煙もほとんど出ない。騒音や振動が小さく、乗り心地も改善するという。

新造する2隻は既存船から大型化し、収容できるトラック台数を5割増やす。個室の客室も増設し、新たにスイートルームを設ける。

商船三井が導入するLNG燃料フェリーのイメージ図(同社提供)商船三井が導入するLNG燃料フェリーのイメージ図(同社提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など 九州