日本郵便、貯金の営業再開へ=かんぽ保険、投信は自粛継続

経済・ビジネス 政治・外交

日本郵便は20日、ゆうちょ銀行から委託され、郵便局で扱っている金融商品のうち、貯金などの営業を25日から再開すると発表した。同じ日本郵政傘下のかんぽ生命保険の不適切販売問題を受け、保険契約に関する社内調査を優先するため、8月から郵便局で扱う金融商品全般について営業を見合わせていた。

不適切契約の相次ぐ発覚を受け、日本郵便は7月中旬から保険販売を自粛。8月以降、商品全般で営業を控えたが、再開理由について「かんぽ生命の顧客対応に支障がない範囲で、定額貯金などの提案を行うことが可能と判断した」と説明している。かんぽ商品と、ゆうちょ銀から別途委託されている投資信託の自粛は続ける。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 郵政