ソフトバンクG、みずほ銀などに融資要請=米社支援で3000億円

経済・ビジネス

ソフトバンクグループ(SBG)が、みずほ銀行など主力取引金融機関から総額2000億~3000億円の融資を受ける方向で協議していることが21日分かった。多額の損失を計上した共用オフィス「ウィーワーク」を運営する米ウィーカンパニーの支援に充てる。

SBGは、ウィー社に対し、融資や社債引き受けのほか、TOB(株式公開買い付け)などにより、総額95億ドル(約1兆円)の金融支援を行う計画。この支援により、SBGには新たに63億ドル(約6800億円)の資金需要が発生する可能性がある。SBG単体の手元資金は2兆円を超えるが、一部を銀行からの借り入れで賄う方向だ。

SBGはみずほ銀のほか、三菱UFJ銀行、三井住友銀行などにも融資を要請し、各行と借入額などを協議している。ただ、SBGへの貸出残高が膨らんでいることから、追加融資に慎重な銀行もある。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 財務 預貸金・金利