USJ、任天堂エリアのイメージ公開=20年開業予定

経済・ビジネス 旅と暮らし

大阪市のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」は21日、来年の東京五輪開幕前の開業を目指している新エリア「スーパー ニンテンドー ワールド」のイメージ図を発表した。任天堂の人気キャラクターにちなんだ施設などが描かれ、ゲームの世界観を再現した。

USJは2016年に新エリアの開業計画を発表。最新技術を使った「マリオカート」のアトラクションやレストランなどを開設する予定だが、詳細は未定という。USJは新エリアの魅力を発信し、集客拡大に努める考えだ。

「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」が発表した「スーパー ニンテンドー ワールド」のイメージ図。(同社提供)「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」が発表した「スーパー ニンテンドー ワールド」のイメージ図。(同社提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

観光 時事通信ニュース 大阪 新サービス 関西 大阪市 テーマパーク USJ 任天堂 ゲーム