GSOMIA支持決議可決=日韓に信頼回復措置訴え―米上院

政治・外交

【ワシントン時事】米上院は21日、日本時間23日午前0時に失効期限が迫る日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の重要性を訴える決議案を可決した。決議を提出したリッシュ上院外交委員長は声明で「韓国に対してGSOMIAの継続を求める」と強調した。ただ決議には法的拘束力はない。

決議は「弾道ミサイル発射など北朝鮮の挑発行為が増加する中、GSOMIAの失効は、米国の国家安全保障を直接害する」と指摘。インド太平洋地域におけるGSOMIAの重要性を強調した。また日韓両国に対して信頼回復に向けた措置を取るよう求めた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 外交 韓国 米国