大型肉食恐竜、新種と判明=タイとの共同研究で―福井県立恐竜博物館

社会

福井県立恐竜博物館とタイのコラート化石博物館は22日までに、タイで見つかった大型肉食恐竜の化石が、新属新種のカルカロドントサウルス類と判明したと発表した。論文は米国オンライン科学誌プロス・ワンに掲載された。

県立恐竜博物館によると、化石は同県勝山市で見つかった「フクイラプトル」と同じカルカロドントサウルス類で、学名が付いた同類の中では最も原始的だという。

同博物館やタイの共同研究チームが2007~13年、バンコクの北東約300キロにある約1億2000万年前(白亜紀前期)の地層で発見した。学名は、「タイの略奪者」を意味する「シャムラプトル」とコラート化石博物館の振興に尽力したタイのスワット元副首相の名を組み合わせ、「シャムラプトル・スワティ」とした。

「シャムラプトル・スワティ」と命名された大型肉食恐竜の復元図(ワランカーナ・ナムサン氏制作・提供)「シャムラプトル・スワティ」と命名された大型肉食恐竜の復元図(ワランカーナ・ナムサン氏制作・提供)

タイで発見されたカルカロドントサウルス類の化石のレプリカを手に、特徴について説明する福井県立大の服部創紀助教=18日、福井県勝山市タイで発見されたカルカロドントサウルス類の化石のレプリカを手に、特徴について説明する福井県立大の服部創紀助教=18日、福井県勝山市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 環境・生物・自然 社会 北陸 タイ 米国