バンクシー?の絵、再展示へ=東京都

政治・外交

東京都は21日、港区の防潮扉に描かれていた英国の正体不明の芸術家「バンクシー」の作風によく似た絵を、25日から同区の日の出ふ頭で公開すると発表した。4月下旬から5月上旬にかけて都庁で公開したところ、14日間で3万5000人以上が見学に訪れていた。今回、地元から地域資源として活用したいとの要望を受け、再展示を決めた。

絵は、新交通ゆりかもめ日の出駅近くの防潮扉で発見され、傘を持ったネズミとみられる動物が描かれている。現時点でもバンクシーの作品であるかは不明だが、都港湾局は「日の出ふ頭のにぎわいの向上につながれば」と期待している。

東京都が再展示を決めた英国の正体不明の芸術家「バンクシー」の作風とよく似た絵(都提供)東京都が再展示を決めた英国の正体不明の芸術家「バンクシー」の作風とよく似た絵(都提供)

今年4~5月に東京都庁で展示されたバンクシーの作風に似たネズミの絵。小池百合子知事も様子を見に来た=4月25日、東京都新宿区今年4~5月に東京都庁で展示されたバンクシーの作風に似たネズミの絵。小池百合子知事も様子を見に来た=4月25日、東京都新宿区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 行政一般(政治欄向け) 東京都