「構造赤字」21年度までに撲滅=拠点集約や人件費削減―パナソニック

経済・ビジネス

パナソニックの津賀一宏社長は22日、東京都内の記者会見で、「2021年度までに構造的赤字を撲滅する」と述べ、黒字転換の見込めない事業を抜本的に見直す考えを示した。拠点集約や人件費の削減などを進め、計1000億円の利益貢献を目指すという。

1000億円の内訳は、赤字事業の見直し400億円、拠点集約など業務効率化300億円、人件費削減300億円。拠点集約については、国内だけでなく中国でも「地域ごとに生産拠点の集約を図る」と語った。

記者会見で経営戦略を説明するパナソニックの津賀一宏社長=22日午前、東京都港区記者会見で経営戦略を説明するパナソニックの津賀一宏社長=22日午前、東京都港区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 雇用・賃金・福利厚生 設備投資 経営一般 中国