地銀66行が減益、5行は赤字=与信費用の拡大響く―9月中間決算

経済・ビジネス

地方銀行103行の2019年9月中間決算(単体ベース)が出そろった。不正融資問題で業績が大幅に変動したスルガ銀行を除く102行合計の純利益は、前年同期比13.8%減の4355億円。6割超の66行が減益となり、5行は赤字だった。日銀のマイナス金利政策で超低金利が長期化し、地銀の収益が低下し続ける中、融資先の貸し倒れなどに備えた与信関係費用が1067億円と約2倍に膨らんだことが響いた。地銀経営は一層厳しさを増している。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想 東海 静岡県