日本政府、韓国の対応評価=安倍首相「戦略的な判断」―GSOMIA維持

政治・外交

日本政府は22日、韓国が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の維持を発表したことについて、一定の評価を示した。安倍晋三首相は「北朝鮮への対応のために、日韓、日米韓の連携、協力は極めて重要だ。韓国もそうした戦略的観点から判断をしたのだろう」と記者団に語った。

2016年11月締結の日韓GSOMIAは「日米韓の安全保障連携の象徴」(防衛省幹部)とされてきた。北朝鮮が弾道ミサイル発射を繰り返している中での当面の協定維持について、防衛省幹部は「不安定な状況は脱した」とひとまず安堵(あんど)している。

ただ、協定がいつまで維持されるかは、日本の輸出管理強化をめぐる日韓協議の行方にかかっている。日本政府関係者は「輸出管理で日本は今回カードを切っていない」と譲らない立場を強調しており、韓国との接点を探ることができるかは不透明だ。

韓国とのGSOMIA継続について、記者団の質問に答える安倍晋三首相(中央)=22日午後、首相官邸韓国とのGSOMIA継続について、記者団の質問に答える安倍晋三首相(中央)=22日午後、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 外交 韓国