安藤ハザマ2.5億円所得隠し=架空発注、裏金で接待―東京国税局

社会

準大手ゼネコンの「安藤ハザマ」(東京)が東京国税局の税務調査を受け、2018年3月期までの5年間で約2億5000万円の所得隠しを指摘されていたことが23日、関係者への取材で分かった。社員が下請け業者に架空発注して裏金を作り、取引先を接待するなどしていたという。

経理ミスなどを合わせた申告漏れ総額は約3億円で、追徴税額は重加算税などを含めて1億数千万円。同社は既に修正申告し、納付したとみられる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 東京都