小6女児不明、栃木で保護=35歳男を誘拐容疑で逮捕―15歳少女も発見・大阪府警

社会

大阪府警は23日、今月17日から行方が分からなくなっていた大阪市住吉区の小学6年の女児(12)が、栃木県小山市内で無事に保護されたと明らかにした。府警は23日夜、女児を誘拐したとして、未成年者誘拐容疑で小山市の職業不詳、伊藤仁士容疑者(35)を逮捕した。伊藤容疑者の自宅からは、15歳の少女も保護された。

府警によると、女児の健康状態に問題はなく、伊藤容疑者とはインターネット交流サイト(SNS)を通じて10日ごろ知り合ったという。伊藤容疑者は「誘拐するつもりはなかった」と容疑を否認しているという。

逮捕容疑は、17日午前、女児が未成年であることを知りながら誘拐した疑い。

府警によると、伊藤容疑者は10日ごろ、女児に対し、「半年くらい前に来た女の子がいる。しゃべり相手になってほしい。うちに来ない」とSNSにメッセージを送信。17日午前10時半ごろ、女児を住吉区内の公園に誘い出し、在来線などを乗り継いで小山市内の自宅に連れ去ったという。

女児は23日午後1時半ごろ、小山市の栃木県警小山署犬塚交番を訪れ、名前を告げた上で「30歳くらいの男の家から逃げて来た」と話した。「もう1人、女の子が家の中にいる」とも説明。県警の警察官が男の自宅を訪ねると、男と少女が出てきたという。女児は「携帯電話は取り上げられた」と話しており、保護された際は靴を履いていなかった。

府警によると、女児は17日午前7時ごろ、自宅で母親(38)と朝食を取り、母親が同11時ごろに仮眠から目覚めた時にはいなかった。母親は午後10時ごろ、「娘がいなくなった」と住吉署に届け出た。府警は19日夜、「家出の可能性が高い」として女児の名前や顔写真を公開し、情報提供を呼び掛けていた。

行方が分からなくなっていた大阪市住吉区の小学6年の女児が保護された交番=23日夜、栃木県小山市行方が分からなくなっていた大阪市住吉区の小学6年の女児が保護された交番=23日夜、栃木県小山市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 警察・治安 大阪市