安倍首相、中国外相と会談=習主席来日へ調整

政治・外交

安倍晋三首相は25日午前、中国の王毅国務委員兼外相と首相官邸で会談した。首相は12月下旬に中国で開かれる日中韓首脳会談に触れ、「来年春の習近平(国家)主席の国賓訪問を日中新時代にふさわしい有意義なものとなるよう協力を進めていきたい」と述べた。王氏は日中韓首脳会談について「中日のハイレベル往来の重要なチャンスだ」と話した。

会談で首相は香港情勢に関し、一国二制度の下で自由で開かれた香港が繁栄していくことの重要性を指摘。王氏は、一国二制度を堅持する従来の立場を伝えた。

首相は沖縄県・尖閣諸島周辺を含む東シナ海での安全保障問題や中国当局による邦人拘束事案などにも言及し、中国側の善処を求めた。菅義偉官房長官も官邸で王氏と意見を交わした。

中国の王毅国務委員兼外相(左)の表敬を受け、握手する安倍晋三首相=25日午前、首相官邸中国の王毅国務委員兼外相(左)の表敬を受け、握手する安倍晋三首相=25日午前、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 中国