KDDI、フェイスブックと5G連携=「拡張現実」コンテンツ競う

経済・ビジネス

大手携帯電話会社のKDDIがインターネット交流サイトの米フェイスブック(FB)と、現実空間にコンピューター映像を重ね合わせる拡張現実(AR)を活用したスマートフォン向け商品販売システムで連携することが25日、分かった。高速・大容量の次世代通信規格「5G」商用化を控え、FBが持つARや仮想現実(VR)のノウハウを多様なコンテンツ開発に生かす。

アパレルやドラッグストアの店舗内で商品をスマホカメラに収めると、FB傘下の写真共有アプリ「インスタグラム」画面で、自分の画像と重ねた試着イメージや化粧品に合わせた表情の変化などを高精細にチェックできるようになる。来年1月にも特設の体験店舗を設ける方針だ。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 提携・合併・買収 米国