政府、輸出規制見直しへ3条件=日韓先行き、依然不透明

政治・外交

政府は25日、韓国向け輸出管理厳格化措置を見直し、同国を「優遇対象国」に戻す条件として、継続的な2国間対話と韓国側の貿易管理体制強化などの3点を示した。両政府は先週、輸出管理に関する局長級対話を再開することで合意したが、再開の理由などをめぐる両国の認識にずれがあることが表面化しており、両国関係が改善に向かうかどうかは不透明なままだ。

政府は25日の自民党部会で3条件について説明し、対話進展や管理体制強化のほか通常兵器への転用防止に関する法整備を挙げた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 通商政策 韓国