日立、昭和電工と交渉=子会社・日立化成の売却

経済・ビジネス

日立製作所が売却を検討している日立化成の譲渡先として、化学大手の昭和電工が有力候補となったことが26日、分かった。日立は、ITと社会インフラの分野に重点投資する方針で、日立化成を含め4社ある上場子会社については売却を視野に資本構成の見直しを進めている。

日立化成は日立の中核子会社と位置付けられる化学メーカーで、東証1部に上場。株式の約51%を日立が保有している。日立金属、旧日立電線(現日立金属)とともに「日立御三家」と呼ばれてきた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 提携・合併・買収