氷河期世代、国も採用へ=年内に計画、経済対策で支援も

政治・外交

政府は26日、現在30~40代の「就職氷河期世代」の支援に向けた官民協議会の初会合を開いた。安倍晋三首相は地方自治体で同世代の採用が進んでいることを踏まえ、「国自らも積極的に国家公務員の中途採用について、今年度から具体的に取り組む」と強調した。政府が検討中の経済対策にも支援策を盛り込む方針だ。

政府は3年間の集中支援計画を策定し、正規雇用を30万人増やす方針を打ち出している。国家公務員の具体的な採用計画は、西村康稔社会保障改革担当相を中心に各省庁が調整し、年内に策定。早ければ年度内に採用を始める。

就職氷河期世代支援に関する会議で、発言を聞く安倍晋三首相(右から2人目)=26日午後、首相官邸就職氷河期世代支援に関する会議で、発言を聞く安倍晋三首相(右から2人目)=26日午後、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース マクロ経済政策 労働・雇用行政