AGC、生産設備開発にAR=作り直し抑制、期間3割減へ

経済・ビジネス 科学 技術

AGCは27日、現実の映像にコンピューター画像を重ね合わせる拡張現実(AR)技術を生産設備の開発に活用すると発表した。素材と生産設備それぞれの開発者の間にある認識のずれをなくし、設備完成後の作り直しなどを抑える。設備開発の期間は3割削減することを目指す。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 開発 科学 技術 生産 東京都