国産旅客機、延期含め計画精査=三菱重工社長インタビュー

経済・ビジネス 科学 技術

三菱重工業の泉沢清次社長は27日、報道各社の合同インタビューに応じた。国産初の小型ジェット旅客機として開発を進めている「スペースジェット」(旧MRJ)の初号機納入時期について、延期が必要になるかどうかも含めて「飛行試験の計画を精査している」と説明した。

納入時期はこれまで5度延期されており、現在の目標は2020年半ば。試験計画の精査が必要になったのは、型式証明の取得に向けた飛行試験機の製造が遅れているためだが、泉沢社長は納入時期の目標について「今の段階では変えていない」と強調した。

一方、韓国の元徴用工らによる賠償請求訴訟で、三菱重工は被告の立場にある。泉沢社長は「(賠償)問題は既に(日韓)政府間で解決がついているというのがわれわれの基本認識で、対応は(日本)政府と連携しながら進めていく」と述べるにとどめた。

報道各社の合同インタビューに答える三菱重工業の泉沢清次社長=27日午後、東京都千代田区報道各社の合同インタビューに答える三菱重工業の泉沢清次社長=27日午後、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 開発 科学 技術 経営一般 生産