鹿児島の本格芋焼酎、最高賞=ライチの香りで魅了―国際酒類品評

社会 暮らし 経済・ビジネス

【ロンドン時事】世界有数の国際酒類品評会「インターナショナル・ワイン&スピリッツコンペティション(IWSC)」の今年の授賞式が28日夜、ロンドンで行われ、本格芋焼酎で焼酎部門の最高賞を獲得した濱田酒造(鹿児島県いちき串木野市)にトロフィーが授与された。

最高賞に選ばれた銘柄は、濱田酒造創業150周年を記念して発売された「だいやめ~DAIYAME~」。ライチに似た華やかな香りが最大の特徴。取締役の濱田光太郎氏(25)は取材に「英国のスコッチウイスキーが『国の酒』から『世界の蒸留酒』になったように、焼酎にも世界で戦える潜在能力があると評価されたと思う」と語った。

英中部ヨークを拠点にウイスキー関連業に携わるソフィー・パシュリーさん(23)は「日本酒のような強い粘りはなく、澄んでいて切れがある」と試飲で初めての本格焼酎を楽しんでいた。

焼酎部門最高賞のトロフィーを受け取る濱田光太郎氏=28日、ロンドン焼酎部門最高賞のトロフィーを受け取る濱田光太郎氏=28日、ロンドン

焼酎部門最高賞を受賞した「だいやめ」を試飲する来場者=28日、ロンドン焼酎部門最高賞を受賞した「だいやめ」を試飲する来場者=28日、ロンドン

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 食=美食・食の安全 暮らし 社会 販売・価格改定・販促・見本市など 九州 鹿児島県